就職氷河期世代の非正規中年フリーターが仮想通貨投資を始めてみたら

昨年ビットコインをはじめ仮想通貨で多数の億り人が生まれた。

それを見て自分もビットコインを買ってみようと思った。

僕は就職氷河期世代のアラフォー中年フリーター。なけなしの25万円を2018年の1月にbitFlyerでビットコインを購入した。

それが今は次のような感じである。

1月中旬にビットコインを底値で掴んだ!と思ったが 全く底値ではなく含み損を抱えている

見事に4万5千円ほどの含み損である。

投資は厳しい。

仮想通貨は2017年みたいな 極端な上昇トレンドはもうしばらく無さそう。 見事に乗り遅れたね。

仮想通貨には乗り遅れたけど、 投資はしていかないとマズイと思う。 お金に関するリテラシーを上げる意味でもね。

そもそもアラフォーのオッサンになった僕には、最新の投資対象である仮想通貨の情報がイマイチ頭に入ってこない。

今でも電子書籍より紙の本派のオールドタイプ。

そんな僕が1月以降の仮想通貨暴落の合間に読んだのが、次の本である。

「お金は寝かせて増やしなさい」という著名なインデックス投資ブロガーの本である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク