楽天EDYより還元率3%超の楽天PAY+Kyashが断然お得!

楽天EDY

新たにバイトをし始め、給料日まで現金が無かったものですから、その間の支払いはクレカや楽天EDYで済ませてました。

特に楽天EDYはコンビニでの支払いが簡単なので、メインで使用していたのですが、楽天PAYを使い始めてからは楽天EDYの使用を止めることにしました。

これは単純にポイント還元、キャッシュバックのことを考えて楽天EDYより楽天PAYの方が得だからです。

スポンサーリンク

楽天EDY+楽天カードのポイント還元

楽天EDYを利用している人は基本的に楽天カードと紐付けて利用しているはずです。

その際のポイント還元は

楽天カードから楽天EDYにチャージ200円ごとに1ポイント。

また、使用に関しては楽天EDY利用200円ごとに1ポイント。

となっています。

楽天カードは基本的に1%還元なので200円で2ポイント還元になります。

ただ、要注意なのが200円ごとという点。250円の場合、50円は端数として切り捨てられます。

楽天PAY+Kyash+楽天カードのポイント還元、キャッシュバック

Kyash

僕は楽天PAYにはKyashというウォレットアプリを登録しています。

Kyashはリアルカードというスーパーなどで使えるリアルカードも発行していますが、とにかくKyashというサービスを間にかますことで2%のキャッシュバックが受けられます。

Kyash自体にお金をチャージすることもできますが、クレジットカードを登録することで面倒なく使えます。

ウォレットアプリ Kyash – いつものお支払いを2%お得に

(Kyashは利用に伴って一切の費用が掛かりません。入会金、月額費用、手数料もなしです。)

つまり、KYASHに楽天カードを登録して使うだけで、Kyashで2%キャッシュバック、楽天カードで1%ポイント還元が受けられます。

このKYASHを楽天ペイに設定して使うと、楽天ペイ利用200円ごとに1ポイントつき、しかもKYASHで4円キャッシュバック、楽天カード利用として楽天ポイント2ポイントが付与されます。

つまり楽天ポイントもお金だと考えれば200円の利用で

楽天EDY利用1ポイント+楽天カードチャージ1ポイント→2円還元
楽天PAY利用1ポイント+Kyash4円キャッシュバック+楽天カード使用2ポイント→7円還元

となります。

Kyashの存在がわかりにくいけど、 とにかくそれに楽天カードを登録して、 Kyashを楽天ペイに登録すれば 3.5%還元なんだよ。

楽天PAY+Kyash+楽天カードなら端数で損することもない

楽天EDYだとチャージも利用も200円ごとなので、端数が出るとその分が損になります。

しかし、楽天PAY+KYASH+楽天カードならそんな問題もありません。

KYASHは1回の利用ごとに2%を計算、楽天カードは月の利用分で計算。

楽天ペイ利用で得られるポイントだけは200円ごとの区切りですが、それでも楽天PAY+KYASHなら最大3.5%の還元が受けられるのでめちゃくちゃでかいですよね。

200円刻みって案外きつい。 ポイントの取り逃しが多いよ。

PAYPAY+Kyash+楽天カードでも3.5%還元

paypay

100億円キャッシュバックキャンペーンでも話題になったペイペイですが、こちらにKYASH+楽天カードを紐づけることも可能です。

PayPayの20%キャッシュバックは終わりましたが、今現在も0.5%キャッシュバックをやっているので、楽天ペイと還元率は同じになります。

こんな状況なので少なくともコンビニで現金を使う理由はないですね。

僕はスーパーではクレカを使用し、コンビニではペイアプリ、その他の買い物はほぼネット通販なので、現金は月に5千円程度しか使わなくなりました。日本はキャッシュレス化が遅れていると言いますが、案外コロッとキャッシュレス化するかもしれませんね。

楽天EDYにさよなら

電子マネー楽天EDYですが楽天ペイやPAYPAYなどのペイアプリに取って代わられて、じきにサービスは終了するでしょう。

僕は残高を使いきって、楽天EDYにさよならしようと思います。この秋に使い始めて、期間は短かったですがお世話になりました。

電子マネーがペイアプリになり、 どんどん時代は変わってくね。 おっさんだけど時代に 着いていかなくちゃ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク