楽天証券でiDeCoを始めることにした

iDeCoの減税、NISAの非課税を考えると やる以外に選択肢が見つからんゾ!

iDeCoもNISAもわかっていない状況で、投資金額と投資先について何となく考えていた。

投資金額と投資先を決める

しかし、iDeCoとNISAの強力な減税、非課税の効果を考えると、まずは投資できるお金はiDeCoとNISAに全て入れるべしということがわかった。そもそもフリーターなのでお金はあまり無いし、iDeCoとNISAに年間で投資できる金額より、僕が投資しようとしている金額の方が絶対に少なくなるしね。

投資初心者はiDecoを優先しNISAもやるべしらしい

スポンサーリンク

中年フリーターの僕は楽天証券でiDeCoを始めることにした

中年フリーターの俺の場合は、 iDeCoで老後資金を作るのは絶対にやるべきだよなぁ

前回記事で書いたがiDeCoは自分でつくる年金で、そこにお金を投資した分は所得から控除されて、住民税、所得税を減らすことになる。

老後のために貯金も出来て、税金も減るのだからやる以外にない。

ということで楽天証券でiDeCoに申し込み、資料一式を受け取った。

インデックス投資を始めるなら楽天証券かSBI証券の二択ということで、両方で口座を開設しているのだが、今後はiDeCoは楽天証券、NISAはSBI証券にする予定。

中年フリーターだけどiDeCoの掛け金は月1万2千円

バイト代は月に10万から15万ぐらいだよ

僕は中年フリーターで第1号保険者?とやらに分類されるらしく、月に6万円8千円、年間81万6千円までiDeCoに掛けられるが、月1万2千円にする。

これは月に投資に回せる金額が1万円~2万円ぐらいだということがひとつ。

また、今後正社員としての就職をする予定なので、そうなった場合に掛け金を変更しなくてもいけるようにという配慮もある。

企業年金がある企業に就職する予定なので、そういった場合は掛けられるお金は1万2千円~2万円になるらしい。(これは就職が決まった場合に、相手の企業に確認しないといけないと思う。)

あとiDeCoは年金なので60歳まで引き落とせない。なので、手元から月に1万2千円程度ならすぐに引き出せないお金になっても大丈夫だろうという読みもある。

iDeCoを始めるには時間が掛かる

送られてきた資料に投資先の銘柄なんかも書いて返送するのかと思ったら、それは後みたい。

しかも手続き完了まで1~2ヶ月というから、iDeCoを始められるのは6月ぐらいになりそう。

まあ、その間に投資先の投資信託でも吟味しておこうかな。

ブログ開設から投資まで何ヶ月掛かるんだよ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク