投資初心者はiDecoを優先しNISAもやるべしらしい

とりあえずインデックス投資入門書を読んで、iDeCoとNISA(つみたてNISAも含む)について調べてみた。この入門書については落ち着いたら感想を書くよ。

NISAとiDeCoについてポンコツでも理解できたよ

iDeCoとは?

iDeCoは個人で掛ける年金かぁ 非課税枠が強力なので投資が嫌な人も定期預金でやるべきだよね

  • iDeCoは年金
  • iDeCoは1口座(複数金融機関に口座を持てない。移動は年に1回可能。)
  • iDeCoは投資枠の中で掛け金が課税所得から引かれる(所得税、住民税が下がる)
  • iDeCoの運用益は非課税
  • iDeCoは60歳まで掛けることができる
  • iDeCoはNISAと併用してもいい

iDeCoについてざっと調べたところはこんなところ。厚生年金に入ってない中年フリーターなら年間81.6万円まで掛けられる。

しかし一般的な会社員の場合、厚生年金などに加入しているはずなので年間14.4万円が限度になるそうだ。

現在はフリーターだけど正社員としての就職を希望しているので、それを考えると年間14.4万円(月1.2万円)の枠で始めるのがいいのかもしれない。

ちなみにiDeCo枠として投資できるのは、元本確保される定期預金、保険、投資信託らしい。この商品は金融機関によって異なるとのこと。

NISAとは?

小額しか投資できないんだから基本的にNISAを利用すべきだよね

  • NISAとは小額投資非課税制度
  • NISAにはNISAとつみたてNISAがある
  • NISA、つみたてNISAのどちらかを選ぶ
  • NISAは損益通算できない、損失の繰越控除ができない

NISAとつみたてNISAは小額投資非課税制度というらしく、決められた枠の中で投資が出来て、その利益(配当金、分配金、譲渡益)が非課税になるとのこと。

通常は20%の税金が掛かるのでお得だ。

しかし、デメリットもあるらしく、損を出した時にNISA以外の口座との損益を通算したり、損失の繰越控除(翌年にも損失を繰り越して税金を減らすこと)が出来ないらしい。

つまり損をしたらキッツイので、NISAでやるのはなるべく堅い投資先を選ぶべしというところなんだろう。

NISAとつみたてNISAとは?

金融庁が選んだ投資信託だから安定した投資先らしいね

  • つみたてNISAの非課税枠は年間40万円。20年間で最大800万円
  • つみたてNISAで非課税になるのは投資信託の分配金、譲渡益
  • つみたてNISAの対象は金融庁が厳選した投資信託
  • つみたてNISAの非課税期間は20年

つみたてNISAの特徴は、投資対象が金融庁が選んだ投資信託に限られていることだと思う。それだけに長期安定運用に向いたものばかりらしい。

低リスクで資産形成したいならつみたてNISAが良いのかもしれない。

NISAは投資対象が幅広い分 アグレッシブな投資向きかな

  • NISAの非課税枠は年間120万円。5年間で最大600万円
  • NISAで非課税になるのは株式、投資信託の配当金、分配金、譲渡益
  • NISAの対象は株式、投資信託
  • NISAの非課税期間は5年(だが、新たな非課税枠に繰り越せるらしい。)

投資対象が概ね安全なつみたてNISAを選ぶか、NISAでリスクをとって投資するかだな……

スポンサーリンク

iDeCoもNISAもやらないと損だと思う

ちょっとは俺も投資がわかってきたな、まああのバイブルのおかげだけど

iDeCoもNISAも国が非課税にしてくれるもんだし、基本的にはやらないと損だよね。

iDeCoなんかは定期預金も対象なわけだし。

どちらも投資して一発逆転金持ちになろうぜ!というものじゃなくて、投資を通じた国民の資産形成を促すという制度だと思う。

このiDeCoをNISAを踏まえて投資戦略について次回の記事で考えてみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク