仮想通貨大暴落で損失が拡大!しかしビットコインの買い時はまだだ!

ビットコインが大暴落して一時70万円を割り込んだ。同時に他の仮想通貨もかなり価格を下げている。

月初にその当時の価格から1割安い価格で指値注文を入れたが、いずれもあっさり注文が刺さり決済された。

そして、その後はどの仮想通貨もさらに値を下げていて、損失を拡大させる結果になっている。

これは僕のネムの注文の履歴だ。

ネムの注文履歴18年8月

5月から買い続けているが、ずっとネムの価格が下がり続けているのがわかるだろう。5月中旬にはネムは1,000円で約30枚買えたが、今ではその倍の60枚以上が買える。

たった2ヶ月ちょっとで半値だよ?

昨年末の仮想通貨で億り人ブームに乗って、仮想通貨に参入した俺達みたいな遅れてきたウスノロ(出川組とかいうクソ寒い呼び方はマジで勘弁して欲しい)は、損失拡大で仮想通貨から撤退や、全財産を失った……なんて人もいそうだね。

億り人になる前に、病院に送られるとは・・・・・・

スポンサーリンク

2018年8月仮想通貨暴落の原因・理由はビットコインETFの可否承認延期

2018年8月のビットコインをはじめとする仮想通貨の大暴落の原因は、アメリカでのビットコインETFの可否判断承認を延期することが発表されたのが原因だという。

詳しくは下記のサイトで確認してみよう。僕はイマイチわかんないし、興味もあんまりない。

仮想通貨全体の時価総額2018年最安値を更新も、上昇トレンド転換への材料は変わらず|仮想通貨市況

ビットコインETFの可否判断は、最大240日(2019年2月頃)まで延長する可能性:暴落の原因を探る

俺がざっくり見た感じだと、

  • ビットコインETFの承認する方向だけど今回延期しました
  • 市場がそれに敏感に反応しました
  • 今後もまだビットコインETFの承認は延期する可能性はあり

と読んだ。

つまり、まだまだ暴落する機会は訪れるようだ。

ちなみにこの審査期限は2019年の2月ごろらしいので、そこまではビットコイン、仮想通貨は今回みたいにどすーんと落ちる可能性はあるのだろう。

こんな時期に虎の子の金を仮想通貨に突っ込むのは止めた方が良いと思うが、兄貴達は大丈夫かい?

仮想通貨大暴落の結果

そのメインカメラは換えがきくヤツですか?(震え声)

スポンサーリンク

ビットコインの買い時は60万円と予想!そこまで下がったら買います!

ビットコインは仮想通貨界の機軸通貨と呼ばれるので、基本的に価格は戻ってくると思う。

問題はビットコインの価格がどこまで下がるかだ。

6月に下記の記事で調べたところ、アメリカの仮想通貨アナリストによると4000ドルから55~5700ドルぐらいまで下がると予想に幅があった。

塩漬けビットコインを何とかしたいけど、ビットコインはどこまで下がるのか?

正直言って日本円で40or50万円台まで下がるには、もっと酷いサムシングが必要だと思うので、そこまでは下がらないかなと思っている。

妥当なところでは、ビットコインは60万円ぐらいまでは下がりそうな予感がしている。(ずぶの素人の勘)

なので60万円までビットコインの買い時を待つつもり。

ずぶの素人の僕に言わせれば、 ビットコイン買いのタイミングはまだです!

仮想通貨の価格は下がり続け、僕はそれでも仮想通貨を買い続ける

仮想通貨の価格は下がり続けていて、ZAIFなんてどこまで下がるんだという感じはしている。

それでもこの時期に買い続けることで、数年後に笑える日が来ると僕のゴーストが囁いている。

グヘヘヘヘ! コレデ オレモ オクリビトダ

この貧乏フリーターのなけなしの毎月1万円のコイン積立が、いつの日か僕に栄光をさずけてくれる……。

仮想通貨からの撤退者続出は数年後の僕の栄光の肥やしになるであろう……。

オレ カソウツウカ カウ!

俺様 仮想通貨で一発逆転だ

スポンサーリンク
スポンサーリンク