iDeCoを止めるのでつみたてNISAの掛け金を増やす

楽天証券さん!iDeCoの手続きはストップしてください!
先日書いたようにiDeCoはとりあえずやらないことにしました。

iDeCoをやらない方が良い人だったのでiDeCoをやめる

ということは一応iDeCoに回そうと思っていたお金もつみたてNISAに回すことができます。

時期的にはメルカリのIPOの結果が出る来週以降ですけど、それ以降に掛け金を今の800円から倍にします。

なのでSBI証券でつみたてNISAの銘柄を物色してみました。

スポンサーリンク

つみたてNISAでも人気ぶっちぎりのひふみプラス

SBI証券つみたてNISA銘柄ランキング

レオス・キャピタルワークスが運営するひふみ投信はSBI証券のつみたてNISAでもぶっちぎり。

ひふみプラスのリターン

確かにひふみプラスはリターンが凄い。

実はiDeCoを見直すきっかけは、楽天のiDeCoじゃひふみ年金を扱ってなくて、それはちょっと損じゃない?なんて思ったこと。SBI証券は扱っているから、失敗したなと思って色々調べた。

iDeCoをやる上で楽天証券もSBI証券も条件的には一緒だと思ってたよ

とりあえず投資の初心者の僕なんで、なんでひふみプラスがこれだけ人気なのか?成果を出しているのかとかは全く分りません。

「お金は寝かせて増やしなさい」では、信託報酬は国内0.1%代、先進国0.2%代、新興国0.3%代を目安にとあります。

でも、このひふみプラスは現在0.9504%。

かなり高いけど、これはインデックスファンドじゃなくてアクティブファンドなので普通なのか?

こういうこともイマイチわからない。

ただ、最近調べたところ信託報酬手数料は自動的に引かれた上でリターン計算されているそうなので、ひふみプラスは手数料が高くてもそれを上回る利益を上げているのだろう。

金融庁が厳選したつみたてNISA銘柄なので信じて買ってみる

今現在は信託報酬手数料が安い三菱UFJ国際-eMAXIS Slim(全世界、先進国、新興国)、SBI-EXE-i つみたて(全世界、先進国、新興国)を同額購入している。(毎日新興国が200円、その他は100円)

そこに加えてひふみプラスも購入して、どういった値動き、リターンになるか見てみようと思う。

お上に丸投げは日本の庶民の特権!

つみたてNISAの銘柄は金融庁がリストアップしているので、ヤバイもんじゃないだろうし、勉強のためにも購入して通常のインデックスファンドと比べてみたい。

ひふみプラスは毎日800円購入しようと思う。

インデックスファンドが800円、ひふみが800円で半々という形で積み立てて行き、毎月の動向を確認していく。

つみたてNISAの掛け金はほぼMAX

つみたてNISAの銘柄は決まった。 あとは年内40万円を積み立てるだけ!

僕は毎日積み立てで、上記のように1日1,600円積み立てるので、月当たりでは約32000円ぐらいになり、つみたてNISAの月の掛け金としてはほぼ満額になる。

もちろん、1年の途中で始めたので満額ではないので、収入のメドが立ち次第追加で掛けるが、とりあえず投資していく銘柄はきまった。

今年に関しては追加銘柄は選ばずにひふみプラス、三菱UFJ国際-eMAXIS Slim、SBI-EXE-i つみたての3本に絞るつもり。

資金のメドがついた時に、トータルリターンの高い銘柄に追加で掛ける予定です。

とりあえず、つみたてNISAに関しては当面はやることも無くなるなという感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク