インデックス投資のおすすめ本は「お金は寝かせて増やしなさい」でOK

これからはやっぱり仮想通貨!ビットコインに25万絵突っ込むぞ!

2017年12月ごろから仮想通貨を始めようと思っていた。

というか以前から投資を始めなきゃならないと思っていたけど、どうも投資とは相性が悪いみたいで内容もあまり入ってこない。

とりあえず習うより慣れろ!という勢いで、仮想通貨ビットコインをなけなしの25万円で買ったのが2018年の1月。単価は115万円だった。

コインチェック事件勃発

ビットコインの115万円は底値だ!と思って購入したんだけど、その後まさかのコインチェック事件が勃発。

僕はビットフライヤーを使っていたので、最初は笑ってみていた。

仮想通貨大暴落

しかし、その後あれよあれよという間に仮想通貨全般が値を下げていった。

なけなしの25万円が塩漬けに・・・・・・

意味もわからずに始めた仮想通貨。投資家としてのデビュー戦は1ラウンドKO負けで幕を開けた。

やっぱりちゃんと本を読んで まともな投資について勉強しないとダメだ

勉強もせずに投資していくのは馬鹿げているとわかった僕は、本を読んでちゃんと勉強することにした。

そこで最初に購入したのがこの本だった。

お金は寝かせて増やしなさい

水瀬ケンイチ氏の「お金は寝かせて増やしなさい」。

インデックス投資について書かれている本であるが、この本を選んだのは単にベストセラーだからではない。

かなり昔に橘玲氏の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ」で、個別の株を売り買いするより、市場全体に投資するインデックス投資の方が良い結果を出しているとあり、やるならインデックス投資だと思っていたのだ。

スポンサーリンク

お金は寝かせて増やしなさいはインデックス投資の理論から実践までカバー

そうして手に取った本書、「お金は寝かせて増やしなさい」は僕みたいな投資ド素人にとってはビンゴの本で、折に触れて読み返すバイブルになっている。

銀行や証券会社を信じてはいけないって!? 一応知っているけど、そんなこと書いて大丈夫か?

この本はインデックス投資のいろはから、実際にどの銘柄を購入すべきかまで書いてくれている。

僕がSBI証券で手数料が安いものを選んだのは、この本に書いてあったからだ。インデックス投資の理論から、証券口座の開設や銘柄選びなどの実用まで広くカバーしてくれているので、この1冊を読むことでインデックス投資を始めることができる。

また、おすすめ銘柄は、水瀬ケンイチさんのブログの方でリアルタイムで更新されているので発売日から時間が過ぎていても買って安心です。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

なにより金融機関寄りのポジショントークをしない、一人のブロガー、一人のインデックス投資家として書かれた本なので信用できる。
(まぁ、最近は金融機関から以外にも、他にも稼ぐ方法があるので信用できない方もあちらこちらにいますが……。)

リーマンショック当時の衝撃は凄かった

インデックス投資の理論、実践とは別に描かれているのがリーマンショック。

水瀬氏は当時からインデックス投資をしていて、ブログで発信もしていたので、当時は自分も資産を減らした上に、某掲示板でもめちゃくちゃ叩かれたらしい。

僕の故郷みたいなあの某掲示板ね まぁ、あそこは性質悪いのも多いから

僕は今年投資家デビューしたんだけど、実はリーマンショックが投資家に与えた衝撃というのは間接的に知っているんだよ。

2008年当時、僕はまだサラリーマンで、会社の総務のお局様と僕の直属の先輩がFXやら株に手を出していた。

今日もFXで●万円儲けたよ。 先輩君もFXや株をやりなよ!

どうもお局様が投資するように誘ったらしい。

そんな儲かるならいっちょやってみっか

当時はFXで主婦が大儲けして脱税で捕まったりと、FXとか投資が活況だったんだと想像する。

そこで先輩も虎の子の貯金を使ってFXや株に参入したようだ。

お局ちゃんの言うとおり始めて良かったよ

始めた当初は小額でやっていたようなんだけど、利益がそこそこ出た段階で100万単位で投資し始めたらしい。

そして、その後あのリーマンショックがやってくる。

2008年9月リーマンショック発生

僕はいつも先輩と昼飯を食べに行っていて、そこで携帯で証券口座を見せて貰った。ものの見事に真っ赤。

FXに関しては何とか追証をしてポジションをキープしたと言っていた。

マジでありえないよ。コツコツ貯めたのによぉ!

投資は自己責任だし、先輩もお局様を責めるようなことは僕の前では口にしなかった。

困惑するお局様

昼飯から返ってきた僕らと目が合って、気まずそうに顔を背けたお局様の表情を今でも覚えている。ちなみに僕と先輩はその日食べたのはから揚げ定食だった。

投資をするということは、こういう事態もありうる。そんなことを思い出した。

インデックス投資を人に勧めるのに最適の一冊だと思う

自分が投資を始めると身近な人間を誘いたくなるのが人情だ。そして、そういう時は大抵自分も利益が出てたりする。

しかし、水瀬氏のようにリーマンショックによって資産をかなり減らす事態もあると書かれている本書は、インデックス投資を人に勧めるのには最適だと思う。

良いことばっかりじゃないとちゃんと理解して貰えるはずだもんね。

インデックス投資は長い目でみないとね

ちなみにこの本は漫画も納められていたり、特典ファイルなんかも提供されたりしている。1冊の本を作るのに今はここまで手間隙掛けないといけないのかとびっくりした。

ということで、水瀬ケンイチ氏の「お金は寝かせて増やしなさい」の感想でした。

ちなみに、水瀬氏と山崎元氏のほったらかし投資術も買っているので、読み終えたら感想を書こうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク