iDeCoをやらない方が良い人だったのでiDeCoをやめる

つみたてNISAの積立を開始して、あー早くiDeCoもやりたいな。iDeCoでは何に投資しようかな?どうやって投資しようかな?なんてウキウキワクワク調べてました。

でね、色々調べているうちに気になることがあったんです。

会社員がiDeCoを始める時には、会社に書類を用意して貰う必要があるって!?

僕は今現在無職(一時的にアルバイトも辞めてます)なんで別に「会社」なんて存在を気にしなくていい。だけど、企業年金のあるところに就職したいと思っていて、それなら限度額はおそらく1.2万円ぐらいだろうと思ってiDeCoをやるつもりだった。

就職した時には「僕iDeCoで1.2万円ぐらい掛けているんですけど、大丈夫ですかね?」ぐらいの感じで限度額とかに問い合わせるぐらいの手間で済むと思っていた。

でも、調べて見ると色々と会社に手続きをしてもらう必要があるみたいだね。

スポンサーリンク

中小企業ならiDeCoハラスメントもある?

新入社員の投資やる夫さんがiDeCoに加入してるって? ハイハイ処理しとくよー!

僕が大企業に就職できればiDeCoに加入しても良いだろうと思う。従業員を千人とか抱えている総務部門なんて一つの企業みたいなものだろうし、iDeCoを理解しているだろうし手続きも事務的にやってくれるはず。

えっiDeCoって何? 会社でなんか作業しなくちゃいけないの?

でも、中小企業に勤めたらiDeCoの事務手続きを知らないかもしれない。入社早々に通常より手間を掛けるの気が引ける。

それより入社できたのはいいものの、数ヶ月で「この職場無理!辞めたい!」ってなった時は……

えっ?もう辞めるの? iDeCoの手続きとかムダに動かされた挙句に こんなに早く辞められたら迷惑なんだよね。

iDeCoハラスメント(通称イデハラ)も十分にありえる。

というかイデハラなんてあるなんて知らなかったけど、確かに総務部門ってそういうことしてくる場合もあるよね。(権利の行使を忖度しちゃう日本の悪い習慣もあるんだろうけど。)

iDeCoは止めたいとなっても止められない!おすすめしない制度という人もいる

iDeCoは気軽に止めたりできないのよね。 こりゃ注意しないとね。

僕が引っかかるiDeCoのデメリットとしては以下の通り。

iDeCoのデメリット

  1. iDeCoの資金は60歳まで下ろせない
  2. iDeCoを始めると止められない(死亡、障害、もしくは掛けて3年未満で掛け金が25万円以下なら可能らしい)
  3. iDeCoに掛け金をかけない月でも事務委託先金融機関に64円取られる
  4. iDeCoをやっている場合、転職する度に手続きが必要

1番のデメリットは年金なので理解できるけど、2番のほぼ止められないのはキツイ。

3番も地味に痛い。お金に余裕があると思ってiDeCoを始めたけど、離職や給料が減るなどで毎月掛けられなくなっても事務委託先金融機関に毎月64円の管理費用を取られる。

年間なら約700円程度だけど、掛けてもない年金制度の維持に毎年700円って何のためにやったのかわからないよね。これは楽天証券やSBI証券などの手数料0円をうたっている証券会社でも掛かる。

そして最後の4番もキツイ。僕みたいなダメ人間で転職を繰り返す場合、毎度手続きをして貰う必要がある。

iDeCo止めたいとなる前に僕は止めておきます

うっかりiDeCoを始めないで良かったよ・・・・・・ 楽天証券に早速手続きをとめるように連絡しよう

今現在楽天証券にiDeCoの申し込みをして、書類が送られてきたのでそれを返送して待っている最中ですが、手続きを止めるように連絡します。

僕に合っていない制度なので、始める前に気づいてよかったです。

もう今働いている企業で骨を埋める気がある、自営業でバリバリやっている人なんかの場合はiDeCoをやるのはメリットしかないぐらいだと思います。

でも、僕みたいにフリーターで今から就職活動してという段階なら、とりあえず止めた方が良いでしょうね。

掛けたお金も60歳まで出せないですし。

今後就職して落ち着いた頃に、もう一度検討してみようと思います。

俺にiDeCoが向いてないのはわかったけど、 何か制度としてちょっと問題がある気もするなー

関連記事:世界同時株安が始まった下げ相場においてidecoをやるべきか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク