つみたてNISAをSBI証券で始めるのに四苦八苦

ムッ!SBI証券からつみたてNISAの設定完了の通知が 申し込みからやっぱり1ヶ月弱掛かったな

iDeCoもつみたてNISAも役所がらみの手続きが必要なので、申し込みをしたもののその後止まっていた。

しかし、、SBI証券よりつみたてNISAの手続きが完了したとのことなので、早速手を付けていこうと思う。

スポンサーリンク

ノーロードの意味から調べる

投資用語や投資に関することは全般的に 頭に全然入ってこないし蓄積もされないんだよなぁ・・・・・・

とりあえずSBI証券で購入できるつみたてNISA対象銘柄を調べていた。そこでやたらと「ノーロード」なる単語があったのでググってみると、販売手数料の意味だった。

そりゃ購入する度に手数料なんて取られてたら困るので、当然ノーロードでお願いしたい。

こんな感じで取引をやりながら色々ググって投資に関しては覚えていこうと思う。本だけだと絶対に頭に入ってこないしね。

SBI証券トップページ

しかし、SBI証券の画面がめちゃくちゃわかり辛い。何だろうね楽天にしてもソフトバンクにしてもIT企業の雄なのに、ごちゃごちゃ画面にするの止めて欲しい。

これが一応理に適っているのかもしれないけどさぁ、おじさんには情報が多すぎて辛いよ。

とりあえず何度も同じようなところをぐるぐるしながら、何とかつみたてNISAの設定をしたよ。

投資銘柄をつみたてNISAのSBI証券人気ランキングから選ぶ

SBI証券つみたてNISA人気ランキング

つみたてNISAで投資対象銘柄を選ぶにあたってまずはSBI証券で人気のものをチェックしてみると、上のような感じだった。

ひふみプラスは最近、運営会社の社長がテレビに取り上げられたとかで人気らしいね。

でも、僕が今回注目したのは「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim」。

これは僕が投資をはじめるにあたって最初に読んだバイブルにもおすすめ銘柄として書かれてあった。

なのでまずはこれに投資することにした。

なーんてブログでは簡単に「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim」を軸にしているが、実際は何時間もSBI証券の画面をうろちょろしていたし、しかも最初は違う銘柄にしようとしていた。

そこで本を読み返したり、色んなブログを見た結果上の銘柄に落ち着いたよ。

始めはやっぱり時間が掛かるね。

投資スタイルはリスクを取ってリターンを大きく

リスクを取ってもリターンを大きく

つみたてNISAで投資信託を投資対象にしているので基本はローリスク、ローリターンだけど、その中でもリスクを大きく取ってリターンを大きく狙おうと思っている。

基本的にリスクが低いのは

債券>株式

先進国株式>新興国株式

こんな感じで、リスクに応じてリターンは逆に大きくなる。

つまり、新興国株式の方が基本的にリターンは大きい。ならそこに投資しようと思っている。

僕の場合は独身パラサイトの中年フリーターだし、別にお金をどこに使うとかの予定もないしね。

でも、まずは勉強も兼ねて全世界、先進国、新興国の3グループの投資信託を選んで、それがどんな動きをするのかとかを勉強していこうと思う。

というか自分でお金を投じて毎日慣れていかないと自分のスタイルとかリスクに対しての許容度とかわからない。

習うより慣れろということで、次回つみたてNISAの投資銘柄、方法について書きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク