日経平均株価が下がる方に賭けるベアファンドを買う以外な利点

一応今週は忙しくなることを予想して月曜日のブログは予約投稿したんだけど、その後は投稿できずじまいだった。まぁ、今週の投資結果については明日書くよ。

ところで表題の通り、ベアファンドを買う利点について書いてみる。

まぁ、僕は投資の素人なんでネットやラジオ、Youtubeで聞いた話を耳学問して、そのまま受け売りを書いているだけなんだけど、それでも日本の政治家や財務官僚のやり方に腹が立つことが多い。

投資を始めてからは、それもあって日本株に投資をせず、アメリカ株に賭けるようになった。

しかし、今回コロナショックにおいて楽天日本株3.8倍ベアという日経平均株価が下がると、基準価格が上がる投資信託を購入した。

そうすると日本の株が下がれば下がるほど儲かるのだ。

つまり、日本がやらかせばやらかすほど利益が出る。(現実には日本だけでコントロールできるもんではないけど)

こんな麻生財務相の答弁も、ベアファンドを買っていれば許せちゃうから素晴らしい。

日本の政府自民党、財務省が主導する緊縮財政はいち日本国民としての僕にとってマイナスではあるが、楽天日本株3.8倍ベアによって利益がもたらされるのでチャラ、もしくはプラスになっているのだ。

素晴らしい。

日本では今武漢肺炎の罹患者が増えるピークを迎えつつ、人が行動(観光、飲食)を止めているので実体経済に対する影響もバンバン出ている。

そして、これがヨーロッパ、アメリカなど全世界に広がり、日本を含めた全世界の企業の収益に影響を与えた結果が数字となって上がってくるのはもう少し時間がかかる。

この間に日本の株価がどんどん下がっていってくれれば、僕の楽天日本株3.8倍ベアも値をどんどん上げて行って、一億円への道もどんどん近づいていくだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク